01aece48abc87076edf4645ba2261d7dc4fa4ad18c
4月10日、味の素ナショナルトレーニングセンター
日本陸上競技連盟が主催する栄養セミナーが行われました

当日の様子が日本陸上競技連盟の公式サイトで報告されています
http://www.jaaf.or.jp/medical/nutritionseminar2016.html
日本陸連医事委員の真鍋先生、山澤先生の
医学的な知見からのご講義は、大変重要な内容だと思います
アスリートの貧血対処7か条は、必見です

そして、パネルディスカッション「長距離選手の貧血を考える」では
増田明美氏、山下幸子氏、赤羽由紀子氏による
経験的、体験的な知見、そして様々な事例について
大変貴重なお話を伺うことができました
是非、アスリートの方、ご指導をされている方、ご家族の方に
セミナー報告の内容をお読みいただきたいと思います

アスリートとしての活動も大切ですが、引退後の自分の身体もあります
一生涯付き合う身体であることを認識しなくてはなりません
俯瞰的に、そして、多角的に見つめていく必要があると感じます

私も、日本陸連普及育成委員として、発表の機会を頂きました
「貧血との闘いを乗り越えて」として、身の貧血の経験をお話ししました
そして、スポーツ管理栄養士(長坂聡子氏)との
Q&A形式でのトークセッションをさせて頂きました
(詳しくは、上記公式サイトでご覧ください)
01ebce971c1df795c6f7d72f78f88cb3a3a1d0add7
(写真1:ひよこ豆、アボカドなどのサラダ)

私は、食事は今もとても大切にしています
自宅では自身で調理をした食事を摂るように工夫を凝らしています
重度の貧血などの経験から、食事の改善をしたことで
体調の良さ、健康な身体を体感しました
体感できると、日々の食事の摂り方を改善する気持ちは持続します
身体のことを考えた生活を継続できるようになると思います
たのしみながら、続けたいですね
01c099206ccac7526b942e1c82d793fd9dfa14e95b
(写真2:チキンのオーブングリル【左】、キノコとバジルのパスタ【右】)